第1回:会社退職前に知っておこう!あなたは2週間で辞めれる?

会社を退職すると決めても何時までに言えばいいのかわからない?
そんなあなたに退職についての法律をここで学んでもらい
会社を堂々と辞めて下さい。

会社退職は2週間前に言うのが常識?

第1回:会社退職前に知っておこう!あなたは2週間で辞めれる?

最初は退職につての法律について学びましょう。

法律を知る事であなたは堂々と会社を辞めることができます。

会社退職については、
民法第627条1項に以下のように定められています。

民法第627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用元:厚生労働省

書いてあることを要約しますと
「退職するのは何時でもよくて、会社を辞めると言って2週間後には何時でも辞めることができます。」

就業規則と期間が違うけどどっちが優先?

第1回:会社退職前に知っておこう!あなたは2週間で辞めれる?

会社の就業規則では、もしかすると会社を辞めるのは
数ヶ月前に言うとか書いてあるかもしれませんが労働基準法の方が優先されます。

労働基準法は、働く人たちを守るための法律で
就業規則はあなたがよりよく会社で働くルールなので重要度が違います。

日本では
「職業選択の自由(憲法第22条)」と「奴隷的拘束の禁止(憲法第18条)」が保障されています。

もし会社があなたを束縛すれば職業選択の自由に反してしまいます。

本当に2週間で会社を辞める事はできるの?

第1回:会社退職前に知っておこう!あなたは2週間で辞めれる?

じゃ実際に会社を2週間で辞めることはできるのでしょうか?

民法627条の2項には次のような内容の記載があります。

民法627条2項

期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、時期以降についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

引用元:厚生労働省

あなたの給料が月給制ならその解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。に当たる可能性があります。

例えば
月末締めが給料日ならその月の15日までに会社に辞める意志を伝えないといけません。

まとめ

これであなたには会社の退職についての法律がしっかり身についたと思います。

しかし法律の知識を知っていたとしてもすんなり会社を辞めることは難しいかもしれません。

そんな時には、「退職代行サービス」を利用しましょう。

「退職代行サービス」は顧問弁護士もついていて法律は熟知していますので
あなたが直接上司に言えないと言うなら代わりに伝えてもらいましょう。

\有給消化で実質無料/